バストアップのためのノウハウを知ろう☆

様々な豊胸術について。ヒアルロン酸、脂肪注入、バッグを入れる...


女性は誰でも気になるこのバスト、大きくする方法について今日は教えて下さい。


一番いいのは手術とは関係無く、姿勢を良くするということですね。姿勢を大きくするとワンカップ大きく見えます。ですから姿勢を良くするだけで良くなりますので、まず姿勢を大切にされるのが必要だと思いますね。ですからバストが気になる方っていうのは逆に自信がないから丸めるんです。そうすると益々バストが貧相に見えてくる、っていうことですね。


それではうちの本分の手術についての方を説明しますね。まず胸が控えめな場合に注射で大きくする方法っていうのがあります。これを注入法といいます。注入するものとしては、まず一般的なのがヒアルロン酸っていうのがありますね。昔はシリコンの注射とかありましたけど、シリコン注射を今でも外国で入れてるとこありますけど、その時にはいいですけど数年すると硬くなってダメージを受けてしまうんですね。ですから後々の後遺症の問題が出てきますので一番いいのはやはりヒアルロン酸とか、ご自分の脂肪を移植して頂くっていうのが1番いいと思いますね。どこから取るかといいましたら、一般的にはおしりと太ももの外側です。


どうしてお腹とか太ももの内側を使えないかっていいましたら、これは粒が大きいんですね、お腹などは。ですから取る時に丁寧に粒としてとれるといいんですけど、これが砕けた状態でも破れた状態でとれれば、もうそこが脂肪酸が出てしまって、要するに脂肪が死んでしまってますから、一見大きくなっても時間が来れば溶けて無くなってしまうんです。そうするとクレームになりますからね。本人も困りますし、病院も困りますよね。ですからやはりお尻など、粒が小さくて非常に生命力が強い状態になってます。そういうところから胸にいれますと、いいところはおしりが垂れてるのもなおりますよね。


ですから脂肪吸引もしたい、胸もちょっと大きくしたいっていう場合は脂肪注入、もしくはどこも扱わないで気楽に一時的に大きい胸を経験してみたい場合はヒアルロン酸。気楽で非常にいいんですけど、これは吸収されてしまいます。だんだん小さくなってしまうんです。ですから永久的という状態じゃないですね。脂肪は脂肪吸引してそして注入するわけですけども、入れる量というのはある程度大きくないとそれだけ入らないわけです。自分の脂肪ですから。ですからある程度脂肪がある方でしたらいいですけど、あまり無い方はそれほどの効果が出ないということでは脂肪注入も限界があります。


大体何カップぐらい上げれるんでしょうか?


ワンカップも大きくならないですね。それは入れれば入れる分だけ大きくなりますよ。ですから例えばおしりの脂肪だけで大きくしていきたいという場合はですねちょっと特殊になるんですがまず片方から全体的に取って、おしりと太ももの外側から、二回目に反対側から取っていくっていう段階的にすればちょっとずつ大きくしていくということもあります。そのかわり費用が重なってしまいますね。ですからコストパフォマンスとしてはこれはちょっと効率的に悪くなるということと、後時間がかかるということですね。


それよりもこういうバッグを入れて大きくしていただければ希望のサイズにどれだけでも大きくできますよということです。ですから例えば平均的にAカップをBカップにしたいという場合は150ccぐらいですとかCカップにしたければ200ccぐらい入れるとかこういう風に希望の大きさもっと大きくしたければ300cc入れるとか、場合によってはどれだけでも大きくすることができますので、それと一生入れておいてもいいですし、こういうバッグというのはいらなければ簡単に抜くことが出来るんですね。脇から一般的に入れるんですけど。


ちょっとちっちゃくしたいわっていう時は?


簡単に。そういう保証もしてますのでサイズの変更も自由にできますからバッグというのはどこの専門医のところでも1番ポピュラーな手術っていうことで普及してますね。


今日は豊胸術についておうかがいしました。やはり自分の、どれだけ大きくしたいかっていう、サイズをちゃんと先生に相談してから受けることが必要ですよね。手術前に方法の長所と短所がありますからよく聞いて受けていただきたいと思います。


バストアップクリームのおすすめ商品!

 

バストアップサプリのおすすめ商品!

 

バストアップ下着のおすすめ商品!

 

バストアップのためのノウハウを知ろう☆

 

FXのリスク